水漏れ修理に陥りやすい冬の凍結トラブル

給湯器の水漏れトラブルはプロの修理サービスで解決

寒い冬に向けて~給湯器の凍結に備える~

作業員

冬という時期は給湯器のトラブルが起こりやすい時期になります。そんな冬に備えた給湯器の状況を紹介します。

冬は給湯器が壊れやすい時期

冬は気温が大幅に下がってしまうので、それによって給湯器が凍結してしまうというトラブルが発生しやすくなります。気温の低下で給湯器が凍ってしまうことによって、困ってしまうことがいくつかあるので知っておきましょう。

凍結が起こりやすい箇所とは?

給湯器が凍結してしまう可能性がある部分は、給湯器本体の配管部分と追い炊き配管部分・給湯配管部分・水道配管部分の4個所です。特に凍結してしまいやすいのは、水道配管部分となっているので凍結しないように注意しておきましょう。

凍結が起きてしまった際の対処法

電源を切り凍結箇所が溶けるのをまつ
まず、凍結してしまった場合、最初に給湯器のリモコンのスイッチを消しましょう。そのあとにお湯をかけると強制的に凍結を溶かす方法もありますが、場合によっては故障の原因にもなるので、外の気温が上がるまで自然に溶けるのを待ってみましょう。
給湯器の水漏れを確認
凍結部分が自然に解凍してお湯が出る状況になったら、水漏れのチェックを忘れずにしましょう。水が漏れていた場合、漏電を起こしてしまうこともあるため、給湯器から水漏れがしていたら給水栓を閉めるようにしましょう。

寒くなる前には凍結対策も行ないましょう

凍結を防ぐためには凍結の防止策をすると良いでしょう。給湯器の配管周りにヒーターや断熱材などの保温材を設置することで凍結しにくくすることができます。このような対策は寒さが厳しくなる前に行っておきましょう。

給湯器の修理にかかる時間

給湯器の水漏れ修理や交換にかかる時間は状況によっても変化します。配管の取り外しなど時間のかかる作業を必要としなければ基本的に1時間程度で完了します。また、給湯器を交換する場合はリモコンの取り付けなども行うことになりますが、リモコンの取り付けは屋内の作業なので立ち合う必要があることも覚えておきましょう。  

TOPボタン
凍結による故障|給湯器の水漏れレスキュー【水漏れ修理が必要になる箇所と対処法】