給湯器の買い替えをする際は号数ごとの特徴を把握しよう

給湯器の水漏れトラブルはプロの修理サービスで解決

給湯器の買い替えの際に知っておきたい【賢い選び方】

給湯器

給湯器も、使用期間が長くなれば水漏れ修理も多くなり、そもそも使えなくなってしまうこともあります。その際は新しいものに取り換えなければいけません。そんな時に知っておきたい賢い選び方をご紹介します。

給湯器の性能は要確認!

給湯器とは言っても、性能は種類によって若干違いが出てきます。給湯とお風呂のどちらかだけのタイプや、その両方を使うことができるものもあります。さらに、もっと便利なものですと、お湯を沸かすのと同時に暖房効果を得られるものなどもあり、床暖房や浴室暖房乾燥などの機能が欲しい人はそういったものを選ぶこともできてしまいます。

号数の確認も忘れずに

給湯器には同時に出せるお湯の量に制限があります。給湯器が同時に出せるお湯の量を示しているのが号数です。号数が大きいと同時に出るお湯の量も多くなるため、家族構成など利用人数によって号数も確認する必要があります。

号数についての一言メモ

現在使用している給湯器の号数が分からない人は確認してみましょう(電気屋スタッフ)

給湯器の号数を選ぶ場合は、現在使用している給湯器の号数を確認してみてください。確認は型番にアルファベットと数字が記載されていて数字の方が号数を指すものとなっています。この点を確認すると現在使用している号数が確認できますよ。

号数ごとの特徴

16号
16号は1分間に10Lのお湯を使うことができる号数です。年間を通してシャワーを使うのに適しています。
20号
20号では、水温が下がってしまう冬を除けばシャワーとお湯を同時に使うことができます。2人から4人で暮らしている家庭に適しています。
24号
水温が低くなってしまう冬でもシャワーとお湯を同時に快適に使うことができるのは24号です。20号か24号か迷うなら24号が最適です。
28号
28号は非常にパワフルで、その威力は業務用とも言われています。シャワーとお湯を同時に使ってもさらにもう1箇所で使うことができます。

保証の確認もしっかり行なう

保証というのは、いざという時に非常に助かるシステムです。トラブルがあった時も保証期間内であればしっかりとサポートしてもらえます。購入時には、保証内容をしっかりと確認してトラブルなどいざという時にも対応してもらえるものを選びましょう。

TOPボタン
買い替え時の号数確認|給湯器の水漏れレスキュー【水漏れ修理が必要になる箇所と対処法】